【オーダー制作】牛さんに込めた思いが作品を通して伝わりました!

木彫り作品を制作するときってオーダーだと特に初めて彫るデザインになることが多い。

 

彫ったことがないっていう事は慎重にもなるし、

自分に本当に彫れるんだろうかって正直不安な気持ちもある。

 

でもね、

不思議と心の奥底では作品として形にできるっていう変な自信があったりする(笑)

 

今回オーダー頂いたのは牛さん。

木彫りで制作はするけど、最終的な目的は木彫り作品ではないというちょっと変わったオーダー(笑)

 

こんな状況も初めてだし、

その為にデザインした牛さんなので、

このデザインで彫るのも初めてという初めてづくし(笑)

このデザインもいろいろ制限がある中で描いていったので大二郎らしさはあんまりないでしょ?(*^。^*)

 

そんな制限というか条件がある中で作るっていうのも初めてなので

最終的にどうなるのか楽しみなんです!

 

制作方法はいつもの通り、切り込みを入れてから

大まかに落としていく。

 

両締バイスっていう万力で挟んだ方が良かったかもと思いながら

今回は両締バイスを使わずに進めてみた。

 

彫り始めてザックリと落とした状態だと牛に見えない(^-^;

窓の外を見つめるワンちゃん(笑)

でもよく見ると耳だけじゃなくて頭からもう1つ突起が!

角になる部分です(*^^)v

 

 

更に彫り進めると牛さんらしく見えてきた。

 

木彫り作品を制作していくうえで大事なのは

どこをどう彫れば牛さんに見えるのか。

 

角の大きさは?

耳の位置は?

目の位置は?

体のラインは?

 

などなどポイントとなりそうな部分を確認するんですけど、

また左右両方にある角とか耳とか目は基本的に左右対称。

このバランスが崩れると牛としてというよりは作品としておかしくなる。

この画像は腰の辺りを彫ってるわけですが、

これも反対側の腰の位置と比較してまだ彫った方が良いと思ったから彫ってるわけです。

適当に彫ってたら変なことになりますからね(^-^;

 

このくらいになるとほとんど形はOK!

あとは細かいところを微調整しながら更に整えていく。

 

ここからは特に彫刻刀の切れ味が良くないと僕が目標とするレベルで仕上がっていかないので

何度も何度も研ぎ直しながら進めていきます!

 

とはいっても同じサイズの彫刻刀を複数持ってるので

まとめて研いでおいて、

切れ味が悪くなったら交換するっていう感じ(*^^)v

 

そしてそれでも研いでいた彫刻刀がすべて切れ味が落ちたら

また必要な彫刻刀を研ぎ直す。

 

この繰り返しで、牛らしく見える形を目指して、

そしてまた僕は見る人の心が癒されたらという思いが常にあるので、

そういう感情を込めながらひと彫りひと彫り仕上げていく。

 

そうやって仕上がった牛さんがこちら!

どっしりと腰を下ろして、

そして前だけを見つめてる。

 

今回は仕上げ塗料は塗らないようになっているので彫り終わりと同時に完成!(*^-^*)

ちょうどいい箱がなかったので桐箱も作りました!

この桐箱もけっこう評判良かったりします(*^^)v

 

完成した牛さんの写真を角度を変えながら撮影してみたので載せますね!

見る角度によって印象も変わると思いますけど、個人的には本物に似せた割に可愛く仕上がったんじゃないかと思ってます!

 

そして一足先にインスタに載せると嬉しいコメントいっぱい頂きました!

 

自分が思いを込めて作った作品を通してしっかりと思いが届く。

これが木彫りの力だと思う(*^_^*)

 

木彫りは彫った人が生きた証です。

 

木彫家の大二郎が彫る一点ものの木彫り作品を手にしてみたいという方はお気軽にご相談くださいね!(*^-^*)

お問い合わせはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)