【生徒作品】切れるといことは何事にも増して、作品作りには必要だと実感しました。

彫刻刀の刃の状態が作品の仕上がりに影響するのはもちろんなんですけど、

実は切れ味が悪いとそれだけで木が彫れない事もあるんです!

これを身を持って実感したら彫刻刀を研ぎたくなるんです!

もしくは自分で研げない場合は誰かに研いで欲しくなる。

この彫刻刀の切れ味の大切さに気付けるかどうかが大事で、独学だと気づきにくいんですよ。

だって切れない状態がどういう事か、切れる状態がどういう事かわかんない。

そのまま木彫りを続けるとどうなるのか。

上手く彫れない

原因がわからない

だんだん木彫りが楽しくなくなる。

木彫りをやめる

モッタイナイ!!

どうしたら木彫りを楽しく続けられるのか。

簡単です。

上手く彫れない原因を知る事、そして修正方法を知る事。

木彫り入門通信講座web「D.Family」の生徒さんが作品の完成と共に感想を書いて下さいました!

静岡県 M.Kさん 作

おはようございます大二郎先生。
完成ということにしてしまいました。とっかかりは順調でしたが、中だるみがあり随分時間がかかってしまいました。
彫っている途中で、ここはああ彫ればよかったとか、いろいろ思い、投げ出したくもなりました。
目が悪いので、老眼の上から掛けるルーペも買いました。

その後、先生のアドバイスにしたがい、彫刻刀の砥ぎをお願いしました。
切れるといことは何事にも増して、作品作りには必要だと実感しました。

いろいろ勉強になった作品でした。
今後ともよろしくお願いします。
次の作品が楽しみです。

上手くいかない現状を目の当たりにすると間違いなくやる気がなくなります。

その時にどうしたら良いのかっていうアドバイスをもらうと、一気にやる気が出る!

今回は拡大鏡を使う事、そして1番大きかったのが彫刻刀の研ぎ直し。

上手く彫れないという状態で作品を見せて頂いて、

「これは切れ味が良くなれば彫れるな」と判断したので研ぎ依頼をオススメしたんです。

そして彫刻刀を研ぎ直した結果・・・

彫れなかったところが彫れるようになった!

この瞬間は感動さえ覚えますよ!

そして今回の事で研ぎの大切さを実感したことで、学びにもなったし、木彫りの楽しさも実感されたはずです!

出来なかったことが出来るようになる。

もう楽しくてしょうがないですね!(*^_^*)

木彫り入門通信講座web「D.Family」の詳細はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする