【生徒さんの作品】夢中で彫っていたので、自分にとってはとても愛着のある作品となりました。

上手く彫れないとダメっていうことはないんです。

今でこそこうして木彫り教室や木彫り入門通信講座web「D.Family」の講師として生徒さんのサポートをさせて頂いている木彫家の大二郎ですが、

木彫りを始めたばかりの頃に作った作品はそりゃ~もうひどかったです(笑)

木彫り入門したばっかりで最初から上手い人なんていない。

だからこそ出来上がった作品を否定するんじゃなくて、認めてあげる事。

次はもっと上手く彫ってやるぞ!っていう気持ちを持つ事。

そして何よりも木彫りを楽しむ事ですね!

木彫り入門通信講座web「D.Family」の生徒Rさんが初級クラス最後の作品を完成させました!

鳥取県 R.Kさん作

まつ毛を描いて可愛い女の子のどんぐりになりましたね~(*^^)v

この作品を彫りあげたRさんから感想を頂いたのでご紹介します!

電熱ペンで顔を描き入れて、ワックス塗って仕上げました。
(電熱ペン失敗してしまいましたが・・(^^;))
表面をきれいにしたいとこだわるあまり、正面から見るとホッソリしてしまい、球体にすることができませんでした。
この反省を生かして、もう一個挑戦してみようと思います。
失敗作となってしまいましたが、ずっと手の中でコロコロさせて夢中で彫っていたので、自分にとってはとても愛着のある作品となりました。
ご指導ありがとうございました。

確かにちょっとホッソリしてますね~。

Rさんは失敗作と書かれてますが、そんなことなくて、これはこれで今できる精一杯の大切な作品です!

この「まるまるどんぐり」を彫る目的は木彫りで球体を作る事。

ここまで彫れたら球体にする方法は理解できているので大丈夫ですね!

Rさんは事前にこのまるまるどんぐりの材料をもう1つ希望されたのですでにお届けしてあります。

今回の作品で上手くいかなかった事が次は上手くいくように意識して彫る事でかなり上達に繋がります!

ホントに1つ彫って終わるのと2つ目に挑戦するのとじゃ上達に大きく差が出ますのでぜひ他の生徒さんもぜひ挑戦して欲しいですね!

上手くいかなかったからもうダメだ。

木彫りは向いてないから辞めた。

木彫りを始めたばかりの初心者の方はそういう気持ちになる事もあると思うんです。

でも上手くいかないからこそ、その原因を探してもう1度彫ってみる。

これを繰り返すことでしか上達って出来ないんですよね。

木彫り入門通信講座web「D.Family」のRさんはもう気持ちが次に向かってるのでこれから確実に上達してもっともっと木彫りが好きになるはずです^m^

しっかりサポートさせて頂きますので、引き続き一緒に木彫りを楽しみましょう!

木彫り入門通信講座web「D.Family」の詳細はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする