【生徒さんの作品】木彫り初心者が陥りがちなこと。

上手く彫れている。

実はそう思ってるだけで、本当はまだまだ上手く彫れる余地があるかもしれませんよ(笑)

木彫り入門通信講座web「D.Family」の生徒さんが幸せ運ぶクローバーアゲハのコースターを完成させました!

そして完成時に感じた感想も頂いたので合わせてご紹介しますね。

まずは完成作品からどうぞ!

島根県 A.Iさん作

この写真を見るだけで彫られたAさんはいろんな事を思い出すと思います(*^_^*)

彫っては僕に見せて頂く。

アドバイスを元に更に修正していく。

この繰り返しでここまで仕上げられました!

そんな制作者の生徒さんの感想がこれです。

最初は,すんなりと掘れたなあと思っていたのですが,写真判定をしてもらうと,もっと丁寧に掘りなさいと叱られました.

一番難しかったのは,クローバーアゲハの中のクローバーの部分を掘ることでした.彫刻刀をねかせ過ぎていたことが原因で堀口が汚くなってしまいました.

垂直に近い刃の当て方をして掘らないとうまくいかなかったみたいですが,掘りすぎていたため,これ以上溝を深くできず諦めました.

この作品を掘ることで,掘る方向をマスターできたことが一番の収穫でした.板の目を見て,どちらから掘れば順目になるのかを理解することができました.

「もっと丁寧に彫りなさい」

僕は直接そう言葉にしたわけじゃないんですが、そういう風に捉えられたようです。

それよりも大事なポイントは

彫れていたと思っていたけど、実は彫れてなかったって事。

木彫りを始めたばかりの初心者の方が凄く良く彫れたと思える状態でも、僕が見たらまだ彫れると思う事はよくあります。

逆に言えば僕が見てもこれ以上は上手くなる方法はないと思うようなら僕の生徒である意味はまったくありませんからね(笑)

さっさと教室を退会される事を勧めます(^_^;)

自分ではよく彫れたと思ったところから、木彫家の大二郎からアドバイスをもらう事で更に良くなる!

結果的にあっという間に彫れる限界を超えちゃうんです!

だから上達する!

そしたら木彫りがもっともっと楽しくなる!

すでにAさんは彫り方のコツも掴み始めてますし、何よりも木を彫る方向がわかったというのが大きいですね!

木彫りは簡単に彫れないからこそ基礎をしっかり学ぶのが大事!

受講者がどんどん増えてる14日間の無料木彫り通信講座の詳細はこちらへ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする