【オーダー制作】結心完成!屋久杉のエネルギーと共に思いを届けます。

オーダーは受け付けないという作家さんもいます。

それはそれで良いというか、
作家さんによってスタイルがいろいろあると思うんです。

オーダーを受けないというのは自分の中から出てきたものだけを表現したいということなんだと思う。

でも僕は僕にできることがあるならお客様の力になりたい。

最近は占い師の方にも言われたんですけど

「大二郎さんはお客様の思いを形にする力がある」

すごく嬉しかったです!

そのオーダーメイド作品の中でも人気なのが屋久杉で作る縁結びのお守り「結心」!

 

今回もお客様の思いを伺うところから制作が始まりました。

 

お客様とのやり取りから状況を把握して、
またその思いをしっかりと感じていきます。

 

それから僕なりに気持ちを込めて木の加工に入る。

 

使う木はもちろん屋久杉。

貴重な木なので小さな木片も大切に使わせて頂きます(*^_^*)

結心というお守りは僕がデザインしたオリジナル。

 

屋久杉もそうですが、杉は細かい細工に不向きなのでこの形に切り取るのも簡単じゃないんです。

普通に切るだけだと木が割れて形にならないんですけど、

切る前にあることをするだけで割れにくくなるんです(*^^)v

 

これは僕なりにいろいろ試行錯誤しながら見つけた方法なんですけど、

知りたい人がいるのかわからないのでここでは伏せておきますね(笑)

 

結心を彫るときに最初に使う彫刻刀は印刀。

刃の幅は9mmくらいでも彫れるけど、6mmくらいの方が彫りやすいです(*^_^*)

 

ホント印刀って万能で大好きな道具!

印刀1本だけでここまで彫れちゃいます!

ここから更に仕上げていくのに剣先刀も併用しながら進めます!

もちろん常にお客様の思いを感じながら彫ることは忘れずに。

 

途中で彫刻刀を研ぎ直す。

これも大事で、やっぱり研ぎ直すと木の色が変わりますね。

 

彫り始める前に研ぎ直してても良いけど、

たぶんそれでも最後の仕上げの前には研ぎ直すでしょうね。

 

それくらい屋久杉を彫るって言うのは刃の状態と質が問われるんです(*^_^*)

 

そしてほぼ彫り終わり!

あくまでもほぼです(笑)

 

というのも

ここまで彫れたら一晩寝かせます(*^-^*)

 

別に熟成させるとかじゃないんですけど、

時間が経った状態で見るとまた気になるところが見えてくるんです。

 

そこを改めて彫って仕上げ彫りとする。

 

お客様にとってはたった一つだけのお守りですからね。

僕だってそれくらいの気持ちを持って彫らせて頂きます!

 

 

そしてこれなら良い。

そう納得したらワックスを塗ります!

 

 

今回はお客様の希望でストラップにすることが決まっていましたので

必要なパーツを取り付けて、桐箱も用意して、

完成した結心がこちら!(*^-^*)

結び目で作るハート。

エネルギーが高いと言われる屋久杉。

お客様の思いをしっかり乗せて彫ることでお客様のためだけ、世界に1つだけの縁結びのお守りが生まれます。

 

その結心を手にすること、触れることで必ず心に変化が生まれます!

 

何が起こるのか、何も起こらないのか、

またそれは結心を手にした瞬間なのか、数か月後なのか、

 

誰にもそれはわかりませんが、今までも不思議なことを起こしてきた結心。

 

あなたも実現したい思いがあればいつでもご相談ください(*^-^*)

 

屋久杉で作る縁結びのお守り「結心」の詳細はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)