狭くて彫刻刀が届かない時はどうやって彫るのか

こんばんは。

木彫り作家の大二郎です!

木彫りって上手くなればなるほど楽しいですよね!
実際にあなたもそういう体験をされてるんじゃないでしょうか(*^_^*)
サクッ!サクッ!
気持ちよく彫れると気分も良いし、どんどん夢中になりますよね!

でも上手く彫れない時もあると思うんです。

例えば狭くて彫刻刀が木に届かない。
こんな事ありませんか?

こういう時はどうするのか。
選択肢はすぐに思いつくもので2つあります。
まずは刃先の長い彫刻刀を購入する。

彫刻刀や鑿(のみ)って探せば本当にいろいろありますからね。

彫りたい部分に合わせたものを手に入れる事ができると思います。
でもそれってお金もかかるし、選ぶのも難しいです。
そんな時に僕がやっているのがもう1つの方法(*^_^*)

どうしてるのかと言うと、

彫刻刀の柄の部分(木)を彫るんです!(*^_^*)
刃に1番近い部分を少し彫ってあげて柄を少しだけ細くするんです。
それだけで彫りにくかった部分が彫れるようになりますよ!
もちろんそれ以上狭い部分だと無理ですけど(笑)
狭くて彫れない!

という時は試してみてくださいね!(*^^)v

――――――――――――――――――――――――――――――――

■現在のオーダー状況■

現在木彫り作品のオーダーはストップさせて頂いています。
いつになっても良いから作って欲しいという方は、

こちらの制作依頼予約フォームから登録してくださいね!
https://ssl.form-mailer.jp/fms/ea47ada8350925

――――――――――――――――――――――――――――――――

φ 編集後記 φ

もしかしたら2か月間くらい新聞の連載企画を任されるかもしれません!
また決まったらお知らせしますね~(*^_^*)
――――――――――――――――――――――――――――――――

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)