【生徒さんの作品】木彫り作品を完成させるタイミングはいつ?

木彫り作品の完成形の理想はどこにある?

これ難しいです(笑)

理想は高い方良い!ってよく言うじゃないですか(^_^;)

でもね~。

高すぎるとしんどいですよ。

木彫り入門通信講座web「D.Family」の生徒さんはどうしてるのか。

作品を見ながら大二郎が完成にしても良いかどうかの判断はさせてもらってるんです(*^_^*)

あ、判断するって言っても

「完成にしてください!」

「もう彫るのはここまで!」

みたいなことは言いません(笑)

「ここまで彫れたらあとは〇〇さんが納得されれば完成にしても良いですよ~!」

って言います(*^。^*)

そうお伝えした時に、生徒さん自身がまだ彫りたいって思われればもちろん彫って頂きます(*^^)v

でもやっぱり生徒さん自身も悩むわけですが、

木彫り入門通信講座web「D.Family」の生徒さんが完成の判断をするのに僕からの言葉を参考に決められたそうです!

その木彫り作品はこちら!

大二郎先生こんにちは。
あれから見る角度が変わる度に修正箇所が増え、修正を重ねる度にまたまた修正箇所を増やしてしまい、の繰り返しでしたが😅
前に大二郎先生が教えてくださった
『完璧を求めすぎないこと。自分なりに頑張れた、今はこれくらい彫れたら良い気がすると思えた所で終わりにすると良い。』と、大二郎先生からの完成にしても良いという言葉で完成にしちゃいました!
まだまだ思うように刃先が使えないので、もっともっと上手く彫れるようになりたいなぁと思いました。
その為にも彫刻刀をちゃんと研げるようになりたいです。
もう一回研ぎ直してから見ていただきたいのでよろしくお願いします。
以前『刃先の角度が大きくなったのでは?』とありましたが、どの様に気を付けたらいいですか?

僕が個別にアドバイスさせて頂いているのは彫り方だけじゃないんですよね。

生徒さんの心の変化を感じればやっぱり気になっちゃう。

そういう時って生徒さんは不安を感じてる。

「安心して、大丈夫だよ」

そういうメッセージをお伝えする事も少なくないんです。

通信講座は専用サイトで他の生徒さんの様子も見れる。

言い方を変えれば見れちゃう(笑)

気になると思うんです。

「あれ、私彫るペース遅い?」

「あの人みたいに上手く彫れない~」

とかね。

でもそれ、気にしなくて大丈夫(*^_^*)

あなたにはあなたの課題があって、それを1つ1つクリアしていけば良い。

彫るのに時間が掛かっても良いし、上手く彫れなくても良い。

生徒さんからの感想の最後に書いてあった彫刻刀の角度の話。

これってこの生徒さんだけの問題ですからね。

似たような状況っていうのはあるかもしれませんけど、

やっぱり気を付けるポイントって違う。

他の人がどうかじゃなくて、あなたの今がこうだからこうした方が良いですよっていう事。

「あ、なんかここに書いてある事が今の私の状況とそっくり!」

「じゃあ同じようにやってみよ~!」

ってやると正しい修正方法とは違うかもしれませんからね(^_^;)

それはあくまでもその人の修正方法であって、あなたのではない。

もちろん絶対に違うとは言えませんけどね~(笑)

何にしてもまずは基礎を知る事が大事なのでまずは14日間の無料木彫り通信講座を受講してみてくださいね~!