【生徒さんの作品】ガタガタだったV時部分がピタッと合うのが快感

研ぎの大切さを実感した瞬間、木彫りの腕は一気に上を向く。

なんだか名言っぽくなっちゃいましたが、そのまんまです。

研ぎの大切さを肌で実感できると、作品の質は確実に上がり始めます!

木彫り入門通信講座web「D.Family」の生徒さんも作品を彫っている途中で試しに研いでみたことで研ぎの大切さを感じられたようですよ!(*^^)v

京都府 N.Kさん 作

あれからアドバイス頂いた花びらの部分を柔らかくなるように心掛けながら全体を修正してみました。
印刀の切れ味も落ちているようなので、始めて研いでみました。
恐る恐る少しだけ研いだだけなのに切れ味が全然違うのに驚きました。
今までガタガタだったV時部分がピタッと合うのが快感で全体を修正しだしたんですが、なかなか思うように彫れなくて、切れすぎる分いらない線も増えるばかりでまたまた終わりなき沼へ。
でも調子に乗ってまた彫刻刀を研いだら今度は下手くそで前より彫れなくなったので完成にしちゃいました(笑)彫刻刀の研ぎ直しもお願いしたいのでよろしくお願いします。

少しだけ研いだだけで切れ味が全然違った!

おそらく切れ味が落ちたと感じ始めるタイミングだったんでしょう。

このタイミングで研いだのは正解でしたね!

そして切れ味が良くなると彫れなかった部分が彫れちゃうんです!

これは本当に体感すると驚きと共に、木彫りが大好きになります(笑)

『なにこれ、楽しい!』

って感じる瞬間ですね!

ただその後にもう1度研いだら切れなくなっちゃった。

こうなると切れる彫刻刀で彫る楽しさを知っているだけあって、彫る楽しさも半減。

でも今回は大きな学びになったはずです!

切れ味が良い彫刻刀を使う事で作品の質が上がった事。

同時に研ぎの大切さも実感。

初級クラス2つ目の作品でココに気づけたのは大きいです!

Nさんはこれからの上達が早そうです(*^_^*)

どんどん生徒さんが上達していく木彫り入門通信講座web「D.Family」の詳細はこちら