【生徒さんの作品】途中で挫けそうになってましたが・・・。

最初から上手く彫れる人ってほぼ居ません(^_^;)

『彫ってみたら思ったより難しかった』

こう思う人も少なくないと思うんです。

だからこそ木彫りの彫り方を教えてもらうって大切なんですよ~。

木彫り入門通信講座web「D.Family」の生徒さんが初級クラス2つ目「幸せ運ぶクローバーアゲハのコースター」を完成させました!

京都府 M.Yさん 作

周りの花びらへ中央へ向かっての丸刀で彫った部分で彫り目が見にくい箇所を少し直して何とか仕上げました。

正直、途中で挫けそうになってましたが大二郎先生の手厚い指導のおかけで完成させる事が出来ました。

印刀の先の微妙な使い方に苦労しました。

どうしても大きく動かしてザクッとなってしまいました。
もう一度彫りたい気持ちもありますが、もう少し自分に余裕が出来てからの楽しみにしておきます。

最後に彫り終わりを決めるのはいつも生徒さん自身。

僕は最低限彫って欲しいと思うラインまで彫れるようにサポートするんですけど、最後は納得されたら完成にしてもらってるんです。

Mさんは線の境目、花びらの重なり部分を彫るのが上手くいかずに、彫るのを諦めそうになりました。

『気持ちはすごいわかる。』

僕自身も木彫りを趣味として始めたばっかりの初心者の頃は何度も彫るのが嫌になりました。

上手く彫れないと全然楽しくないんですもん・・。

それでも彫らない時間がまた彫りたい気持ちを育てるんですよね、不思議と。

上手く彫れない時にこうしたら良いんだよって教えてもらえる事がどれだけ大きいのか。

逆に教えてもらえない状況がどれだけ辛いか。

僕自身がよくわかってるからこそ、生徒さんの気持ちが折れない様に心までサポートしたいと思ってます。

そういう意味でも今回Mさんが『正直、途中で挫けそうになってましたが大二郎先生の手厚い指導のおかけで完成させる事が出来ました。』と書いて下さったのが嬉しかった(*^_^*)

木彫り入門通信講座web「D.Family」を受講されてなかったらMさんは木彫りを楽しめなかったかもしれませんもんね。

『無理かもしれない。』

そう思った作品を完成させることが出来た!

この達成感と充実感は最高だと思います!(*^^)v

Mさんにはまた次のカリキュラムに進んでもらって、もっともっと木彫りを楽しんでもらえたらと思います!

木彫り入門通信講座web「D.Family」の詳細はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする