木彫り作品を贈り物にしたい。思いが詰まった干物トレイの完成です!

「何かプレゼントしたい!」

そう思った時に木彫家の大二郎の事が頭に浮かんだそうです。

こんなに嬉しい事はありませんよ!

お土産屋さん、雑貨屋さん、プレゼント用の品物を置く店舗はいくらでもある中で木彫家の大二郎を指名して頂けるなんて!

実際に工房までお越しくださいまして、

打ち合わせをしながらイメージを固めていく。

今回は魚屋さんが店舗をオープンしたことに対してのお祝いにプレゼントを贈りたいということだったのでデザインに干物を取り入れる事に。

お店に役立つものという事で干物トレイを制作する事に決定!

デザインが決まったら木を準備。

まずは鉋(かんな)掛け。

今回はこの鉋掛けをした状態のまま仕上げになる部分も多いので丁寧に。

表面を仕上げた欅(けやき)の木に下描き。

周りのロゴ部分は焼き入れるので干物の形をした部分を彫り下げていきます!

クルクル~。

鑿(のみ)を入れる角度、叩く力を一定にする事で木がどんどん丸くなっていくのが楽しい。

周りが彫れたら中央に向けてどんどん彫り下げる。

細かい部分は彫刻刀に持ち替えて。

お魚さんの顔~。

可愛い顔になったかな。

この表情が個人的には気に入ってます(*^^)v

干物部分が彫れたら周りの面取りも忘れずに。

ここを丁寧に彫る事で触れた時に優しさを感じるんですよね~。

面取りは優しさです。

そして彫り終えたら周りのロゴ部分を焼き入れ。

当然ですが、ロゴの焼印があるわけじゃないので手描き。

見た目以上に時間がかかる作業ですが、集中力を高めて慎重に。

最後は自然塗料のワックスを塗って、乾燥させたら完成です!!

裏側には僕のサインも入れさせて頂いてます。

思ってた以上にイイ感じの木彫り作品に仕上がった気がします!(*^_^*)

そして今回のプレゼントはどこに贈られるかわかりました?(゜-゜)

山口県の方だったらロゴを見たことがあるっていう人もいるかもしれませんね!

この木彫りで制作した干物トレイは山口県長門市にオープンしたセンザキッチンの中にあるひだまり食堂の方へのプレゼントでした~!(*^_^*)

実際にお店のオーナーの方からオーダーを頂いたわけじゃないので、店舗で使われているかどうかはわかりませんが、センザキッチンに行かれた際はチェックしてみてくださいね!

こんな風にどこにもないものをお客様と共に作り出すって良いですよね!

大切な人の事を思って制作するからこそ伝わる思いがある。

温かい気持ちの贈り物。

そのお手伝いをさせて頂けた事に感謝です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする