オーダーメイド木札完成!手彫りだからこそ宿るエネルギーがここにある。

安さを求めるなら大量生産をしている大手にお願いした方が良い。

でも「本物」を手に入れたいなら僕が力になります!

オーダー頂いた木札が完成しました!(*^_^*)

カッコイイ!

材料である木の種類は何にするのか。

デザインはどうするのか。

制作依頼を頂いた瞬間からお客様のこだわりをいかに理解するかがポイント!

今回は弓道をしている友人からのオーダーで、

大会に出場する際に持ってく道具に名札代わりに付けたいという事。

「和」が好きな友達なのでその辺りも意識してデザイン!

弓道の的、矢、弓をデザインに取り入れた世界に1つだけの木札。

小さくても鑿(のみ)で叩くところから彫り始め。

どこに刃を入れるのか、順番を間違えるとあっという間に木が割れてしまう。

技術と経験が問われるところであり、一気に彫り進められる楽しい瞬間。

細かい部分は彫刻刀で彫ってく。

微妙なラインも手彫りならではの味が出てくるんですよ。

これが機械でのレーザー加工とかだったらあっという間に仕上がるけど、そうやって作られた作品はただの木の塊でしかない。

誰の思いも宿らない。

ただの物質でしかなくなる。

でも手彫りで仕上げた作品には作り手の魂が宿り、お客様の思いがギュッと入る。

手彫りならではの質感はこの上なく温かい。

失敗が許されない墨入れは緊張の連続。

神経を研ぎ澄ませ、一筆一筆ゆっくりと墨を乗せていく。

こうして最後に自然塗料のワックスを塗布してようやく完成!

今回は木箱に入れてお届け。

木箱に入るとより作品が映えますね!

すでにお客様の元へとお届けしたんですけど、

「かっこいい!」とすごく気に入ってもらえたみたい(*^_^*)

すぐに弓道の大会があったらしく、

そこでもこの木札を見せて欲しいと声を掛けられたとか(笑)

機械で量産されたものじゃない、

手彫りの物には作り手の魂とエネルギーが宿りますからね!

身に付ける事で、触れる事で感じられるエネルギーはその価格差をいとも簡単に凌駕してしまう。

木札に関してはサイズや材料の樹種、デザインにもよりますが、

1万円程度からオーダー承ります!

お問合せはこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする