【生徒さんの作品】この作品でとても勉強になりました。

失敗したって思えます?(゜-゜)

木彫りって彫った人にしかわからない思い出がいっぱいなんです!

木彫り入門通信講座web「D.Family」の生徒さんが初めて桧を使った作品「welcomeでひと休み」を完成させました!(^○^)

東京都 M.Nさん 作

先生こんにちは。ワックスを塗って完成にしました。木は柔らかいイメージが自分の中にあったので、ヒノキに初めて刃を入れた時は、
こんなに固くて最後まで立体がに彫れるのだろうかと思いましたが、刃先の入れ方や
彫る方向など、先生に何度も教えて頂いて、鼻デカで、失敗したところもありますが、
無事に完成することができました。

彫るのはこの作品で4つめになりますが、切れる彫刻刀の刃先を使って
繊細に薄く削るように彫っていくのがいかに根気がいることで、
大事で大切なのかがこの作品でとても勉強になりました。

また、作品を作っていく度に、もっともっとつるつるにしたい!という不思議な欲
がでてきて、最近どこで彫りやめたらいいのか分からなくなりつつあります。笑
次も楽しみです。ありがとうございました。

木彫り入門通信講座web「D.Family」は最初彫りやすい朴の木を使うんですけど、朴ばっかりだと僕はダメだと思うんです。

朴の木しか彫った事が無い人は木の本質を知らない人が案外いて、桧を彫ってもらうと彫れなかったりする。

だからこそ僕はカリキュラムに桧を取り入れる事で木彫りの学びを深めてもらうようにしてます。

Mさんも最初は堅さを感じられたようですが、徐々に感覚掴んでいき、最後にはとても素敵な作品を完成させてます!(*^_^*)

その過程で表面を仕上げる大変さを感じながらも、「もっとつるつるにしたい!」っていう欲求が産まれたようです^m^

こういう欲が生まれるのはすごく良い事で、

じゃあどうしたらそれが出来るようになるのかを考え始めると思うんです。

そして上手くいかない時は木彫家の大二郎が出来るようにアドバイスさせて頂くので、諦めなければ確実に上達していく。

木彫りが楽しくならないわけがないんです(笑)

あなたもワクワクする毎日を一緒に楽しみませんか?(^○^)

木彫り入門通信講座web「D.Family」の詳細はこちらへ!