木彫りに正解はない。

これは僕の持論でもあるんです。

 

確かに木彫り入門通信講座web「D.Family」のカリキュラムでも「こうやって彫りましょう!」っていう事は記載してる。

でもあくまでもそれは1つの方法だし、出来るだけ生徒さんの意見や気持ちを尊重したい。

 

木彫家の大二郎としては木でありながら出来るだけ柔らかい質感を出したいので、面取りも丁寧にするんですよ。

でも生徒さんの中には多少ゴツゴツしてるくらいで十分というか、むしろその方が良いっていう方も居る。

 

それはそれで良いんです!

木彫りに正解はないけど、生徒さんにとって理想の形がその生徒さんにとっては正解(*^_^*)

 

今回「welcomeでひと休み」を完成させた木彫り入門通信講座web「D.Family」の生徒さん。

完成直前はけっこうしっかりと彫り跡が残ってる状態で少しゴツゴツした感じ。

 

もちろんその状態が理想的な状態であれば問題ない。

でも1つの提案として「もう少し面取りを丁寧にすると優しい雰囲気になりますよ」ってお伝えしたんです。

 

そしたら、

生徒さんはびっくりするくらい丁寧に仕上げられました!(^○^)

それがこれです!

島根県 A.Iさん 作

木でありながら丁寧に面取りされたことで柔らかい感じが出てますよね!

 

そして文字同士、ワンちゃんとの境目になる線をキレイに彫られたことで作品としての仕上がり具合もすごく良い!

 

確実に上達してます!

僕が用意しているカリキュラムの1つ1つの作品には学んで欲しいポイントがあって、彫り進めていく事で自然に技術が身に付くようになってます(*^^)v

 

この生徒さんはいよいよ初級クラス最後の作品に挑戦です!

これで木彫りで立体を彫る基礎が学べますからね!

 

できる事が増えるって楽しいですよ!(*^_^*)

 

木彫り入門通信講座web「D.Family」の詳細はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です